· 

大きな愛を受け取る。

この子から母親として選ばれて、ほんとにラッキーだったと思う。

 

あなたを愛することを学ぶことで、ママはどんなに救われたことか。

 

あなたを丸ごと受け入れることで、ママも自分自身を受け入れることが出来るようになったんだよ。

 

You are love of my life.

 

 

 

今日は一日、娘と二人っきりで過ごしました♪

 

NZは今週、ロックダウンで、学校が閉鎖しています。

 

朝からずっと、絵を描いたり、仮面を作ったり、絵本を読んだり(途中に私が数字の勉強を挟んだり、笑)、ママとクッキーを焼いたり、と忙しい娘。

 

特に自分の仕事は進みませんでしたが。笑

 

夕方に、ふと、「今日はめっちゃ幸せだったな♡」と実感したんですよね。

 

娘といると、癒されます。

 

女性性や感情を、包み隠さず、解放することができるから。

 

「わー♪ それ、イイね!」

 

「A(娘の名前)、かわいい〜♡」

 

「A、やっぱ最高!」

 

「A、すごいやん!」

 

「A、大好き♡」

 

ずっと、こんな調子で、ハグハグ♪キスキスで、ベタベタしています♪ 笑

 

「You are love of my life (あなたは私にとって愛)」を気に入ってくれたみたいで

 

「YOU are love of my life, mama(ママが私にとって愛だよ)」と言ってくれました^^

 

 

 

自分の子を褒めると、日本ではシラけた雰囲気になることもしばしば。

 

「自分の子を人に自慢したいのかしら」

 

「子を引き合いに出して、私にマウント取ってきてるのかしら」

 

「自分がいかに子育て上手で有能な母親なのか、証明したいのかしら」

 

へりくだることが美徳だからといって。

 

謙遜することが身を守ることだからといって。

 

子どもを大人同士の駆け引きに使いたくない。

 

他人の前で、自分の親に「この子は大したことないんです」と正面切って言われたら。

 

悲しいですよね。。

 

だから、私は声を大にして言いたい。

 

 

 

私の娘は、美人なんです♡

 

私の娘は、学校で賞状をもらってきたんです♡

しかも、「親切心」を褒め称えられたんです♪

 

私の娘は、6歳なのに、もう一人で絵本が読めるんです♡

 

私の娘は、競争心が強くて、負けず嫌いなんです♡

 

 

 

実は、かくいう私も、最近までは、娘のこと、愛せなかったんです。

 

娘のこと、「自分の夢の実現を阻害する」邪魔者扱いしたこともあります。

 

「娘がいるから、オトコが私との将来を考えてくれない」と思ってしまったこともあります。

 

ヒドイ母親です。。。

 

はぁ。。。。思い出すだけで胸が痛いし泣けてくる。。。。

 

でもそれは、母親としての自分に対して、自己嫌悪がものすごかったから。

 

「娘を義務感で育てている自分」がキライで。

 

「旦那が娘に夢中なのに嫉妬している自分」が恥ずかしくて。

 

「娘を厳しく叱ってしまう自分」が嫌で。

 

 

 

娘を妊娠したあの頃は。

 

自分に対して愛を向けられなくて、自分の中には闇しかなくて、空虚感に押しつぶされそうでした。

 

出産してからも「自分の夢実現」を理由に、娘から目を背けてきました。

 

でも。

 

娘からのラブコールは、ずっと鳴っていて。

 

「ママ、大好き」

 

何度も何度も、私に愛の花束を贈ってくれていたんですね。

 

仕事の関係で、娘と1年離れて暮らしてから。

 

ようやく、自分にとって娘がどれだけかけがえのないものなのか、分かるようになって。

 

娘の愛をまっすぐに受け取ることが、出来るようになりました。

 

 

 

こどもたちは、愛の存在。

 

自分が傷つくことを恐れず、親に愛を贈っています。

 

親に、幸せになって欲しいと願っています。

 

だから、その愛を受け取りましょうね♡

 

幸せになりましょうね♡

 

 

 

今が苦しいのなら、チャンスですよ^^

 

大きな愛に、出会えるチャンス。

 

愛せる自分に、出会えるチャンス。

 

人生のドラマを、楽しんで参りましょう〜♪