· 

音信不通な彼に私ができること。

Conglaturation.

 

I am really happy that you are pursing a new path, your dream job!

 

I am so proud of you. 

 

おめでとう。

 

新たな道に進むあなた。私も嬉しいです。

 

あなたのことを、誇りに思っています。

 

 

 

明日から、彼は、夢に向けて大きな一歩を踏み出す。

 

アジアとパシフィック諸国の子ども支援に関わる仕事。

 

私と彼にとって、大事な共通言語。

 

この世界では、最初の5年くらいまでは、安定した仕事に就けないのが常。

 

そんな中、彼は、必死に道を切り開いてきた。

 

明日は、そんな彼の努力が報われる日。

 

嬉しい。

 

あぁ、お母さん目線になっちゃってる。

 

 

 

一緒にお祝いすることができないので。

 

カードを手作りして。クッキーを焼いて。

 

彼の家のドアの所に置いてきちゃった。笑

 

 

復縁を望んでるから、という訳ではなく。

 

彼に対してやり残したことを、全力でやってるだけ。

 

サレンダー、ですね。

 

自分軸で今やれることをやって、身を任せる。

 

どんな結果になっても、受け入れる。

 

期待を手放して、罪悪感を手放して、愛を選ぶ。

 

彼の幸せそうな顔を思い浮かべて。

 

クッキーをむさぼりながら、ルンルンと仕事する姿を想像するだけで。

 

幸せなんです。

 

そうやって、自分らしく、やれることやってたら。

 

いつかは、自然に彼を忘れているから。

 

そんな自分に出会えるから。

 

 

 

本当は。

 

ご飯を作ってうちに招きたかった。

 

お菓子を作ってあげたかった。

 

彼の興味のあること、もっと一緒にしたかった。

 

彼を丸ごと受け入れて、愛したかった。

 

でも、あの時は。

 

まだ夫と一緒に住んでたから。

 

まだ自分が依存的で、自分の傷しか見てなかったから。

 

 

 

これは執着だよ。

 

手放しなよ。

 

新しいオトコを作って、彼のことなんて忘れちゃいなよ。

 

そう言われてしまえば、そうかもしれません。

 

でも、幸せなんです。

 

苦しくないんです。

 

自己満足なんだけど、それでいいじゃないですか。

 

自分の幸せが、先。

 

自分の気持ちに寄り添って、自分が叶えたいことを叶えていく。

 

そこから、その幸せな自分が、さらなる幸せを引き寄せるんです。

 

 

 

実は、この置きプレゼント戦術、2回目なんです。笑

 

バレンタインデーに、一度決行したから。

 

その時は、想いを手紙にしたためて。

 

もう、あなたに、何も求めてないよ。

 

あなたが幸せなら、私も幸せだよ。

 

「会わない」「友人にもならない」「今のままで放置」

 

そう決めたのなら、私もそれでいいです(本当はめっちゃ寂しいけど)。

 

いつまでも、私はあなたの味方だからね。

 

応援してます。

 

 

 

そしたら、思いがけない「会おう」というメッセージが。

 

一瞬、期待しちゃいました。笑

 

でも、それは、「良いお別れが出来るように」。

 

「僕たちの関係に、キレイに終止符を打つために」。

 

急に痛みがぶり返してきて、「ちょっと考えさせて」と言ってしまった。

 

会いたかった。うん、めっちゃあなたに会いたかったよ。

 

でもね。

 

実際会って、「キレイなさよなら」が出来る自信がなかった。

 

彼から慌てたそぶりの返事が来たんだけど。

 

結局、やり取りの中で、お互いのエゴが顔を出してきて。

 

彼がまたシャッターを下ろしてしまいました。

 

 

 

まぁ、そんな彼も、カワイイ、かな。

 

彼は、周囲や家族の期待・規範に忠実なところがあって。

 

真面目なんですね。

 

そして、論理的で思考優先型。

 

だから、自分の感情を優先させて、「嫌」と言って突っぱねることが出来る、それでも大丈夫、という安心感を私が与えているのだったら。

 

それで、いいか♪

 

ゆっくり、彼のペースで、自由に。

 

人生を謳歌していって欲しいな^^

 

 

 

私は私で、自分に素直に、自由に。

 

光を見続けます。

 

愛を伝え続けます。

 

きっと、またいつか、笑って話せる日が来ると、いいね。